住宅ローンの諸費用を抑える方法とは?

住宅ローンの諸費用を抑える方法として、不動産取得税の軽減措置を活用するという方法があります。
土地や家屋を購入したり、家屋を建築したり、贈与などで土地や家屋を取得したときには、登記の有無に関わらず不動産取得税がかかります。
不動産取得税の課税の基礎となる価格は、不動産の実際の購入価格で建築工事費ではなく、市町村の固定資産税課税台帳に価格が登録されている場合はその価格、それ以外の場合は都道府県知事が固定資産評価基準に基づいて評価した価格によります。
不動産取得税の税率は原則4%ですが、平成15年4月1日から平成21年3月31日までの間は3%となっています。
また、住宅と住宅用土地を取得した場合の不動産取得税の軽減措置にも特例が設けられています。
新築住宅の場合は、評価額が1200万円以下の場合は課税はされません。
既存住宅の場合は、評価額が1200万円以下の場合には課税されませんので、この点を覚えておくと非常にお得となります。