リフォームローンに必要な書類は?

リフォームローンを組むときに必要になる書類があります。
まず、「本人確認書類」です。
運転免許証や健康保険証、印鑑証明書といった書類です。
さらに「収入確認資料」が必要です。
給与明細や源泉徴収票などの書類のことです。
「勤続年数確認資料」も揃えなければなりません。
健康保険証や在籍・勤続証明書の提出が求められます。
また、資金使途証明書類も用意します。
これは、売買契約書や工事請負契約書、土地賃貸借契約書で、実際にリフォームする物件の審査に使われます。
あとは、借入申込書を記入し、個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書にすれば、必要書類すべてが揃います。
有担保型の場合は、さらに抵当権の設定の手続きが必要です。
確実に書類をそろえるようにしましょう。