住宅ローン、年収と借入可能額は?

住宅ローン、年収と借入可能額についてまとめてみましょう。
借入額の目安としては、返済額が年収の25%程度といわれています。
高所得になれば、年収から返済額を差し引いた可処分所得が大きくなるので、住宅金融支援機構では、年収によっては35%でも審査通過が出来るケースがあります。
シミュレーションサイトで調べてみると、イオン銀行の場合には、年収450万円の場合、2,540万円〜3,390万円可能と出ます。
住宅金融支援機構の場合ですと、限度額が3,962万円と出ます。
銀行の場合ですと、返済期間の設定や頭金の有無、信用情報の評価など審査の内容によって条件が変わってきます。
勤続年数3年以上、年収200万円〜400万円以上という条件を示しているところが多いですね。